高速バスも貸切バスももっと便利に快適に

0248-22-3323 貸切・高速・路線バスのお問い合せはこちら

健康経営優良法人2020認定について

「健康経営優良法人2020(中小規模法人部門)」認定について

ふくしま健康経営優良事業所認証状 経済産業省と日本健康会議が進める健康経営優良法人(中小規模法人部門)認定制度において、地域の健康課題に即した取り組みや従業員の健康増進を促す「健康経営」の取組みが評価され「健康経営優良法人2020(中小規模法人部門)」として、昨年に引き続き2年連続で認定されました。
当社にとって、健康経営優良法人の認定を受けることがゴールではありません。今後も生活習慣病やメンタルヘルスの予防・改善に取り組み、実効性のある健康管理を行える環境整備に力を入れていきます。また、これからの取り組みと致しまして「がん」の早期発見・早期治療を目的とした検査の導入、管理者向けのメンタルヘルス研修などの施策を行っています。
「健康経営」の取り組みを「お客様に対し、信頼と安心の提供」「社員の意識とパフォーマンスの向上」へ繋げ、自社にあった適切な健康経営のスパイラルアップを追求していきます。
「健康経営」の取り組みについて

・定期健康診断の受診率100%を継続。SAS(睡眠時無呼吸症候群)、脳MRI検査、BNP検査(心不全血液検査)といった早期発見・早期治療を目的とした検査を実施しています。
・高血圧予防対策を中心として、定期的な血圧測定の実施のほか、保健師や管理栄養士の協力のもと食を通じて従業員の健康意識を高めるべく、当社独自の健康通信を配信しています。
・感染症予防(インフルエンザ)対策として、注意喚起ポスター等の掲示、うがい・手洗いの励行や、マスクを配備することにより、飛沫感染の防止と咳エチケット等に対する意識向上を図ってまいりました。より踏み込んだ取組として、2019年度より予防接種を受ける社員の増加を目指すべくインフルエンザワクチンの定期的接種の費用負担を実施しています。
健康経営優良法人認定制度とは

健康経営優良法人認定制度とは、健康経営の普及促進に向けて地域の健康課題に即した取組や日本健康会議が進める健康増進の取組をもとに、特に優良な健康経営を実践している大企業や中小企業等の法人を顕彰する制度です。

健康経営に取り組む優良な法人を「見える化」することで、従業員や求職者、関係企業や金融機関などから「従業員の健康管理を経営的な視点で考え、戦略的に取り組んでいる法人」として社会的に評価を受けることができる環境を整備することを目標としています。

これまでの取り組み