高速バスも貸切バスももっと便利に快適に

0248-22-3323 貸切・高速・路線バスのお問い合せはこちら

なとりん号 安全の取組み

名取市民バス「なとりん号」乗務員全体研修

令和3年7月17日(土)「なとりん号」の専属運転士全員を対象に、第6回目となる「乗務員全体研修」を実施いたしました。
今回は、NASVA自動車事故対策機構仙台主管支所より講師をお招きし、先般実施された「なとりん号」の添乗調査結果とそれに基づく改善指導やアドバイス、およびドライブレコーダーの映像を活用した危険予知訓練などをお話しいただき、また岩沼消防本部より救急救助係の皆さんによる応急手当講習会を実施いただき、AEDの使用方法などを中心に実践的なご指導を頂きました。

●役員あいさつ(取締役 業務部長)

役員あいさつ(取締役 業務部長)

●ISO取り組みについて(運行監査室長)

仙台営業所として今年度より本格的な取り組みとなる「ISO39001」に関して、改めて基本的知識や取り組み方法について理解を深め、営業所における取り組みや目標を共有し、今後のさらなる安全運行へ向けての意識向上を図りました。

●事故等の発生状況(管理部長)

事故等の発生状況やその分析結果が報告されました。仙台営業所におけるスローガンである『凡事徹底』を皆が続けることで、事故は減少し目標は必ずや達せられることを認識し、気持ちを新たに安全運行に努めることを確認しました。

●添乗調査結果からの改善対策(NASVA仙台主管支所)

添乗調査により明らかとなった、仙台営業所乗務員に対する運転傾向の分析結果と改善が示されました。皆が同じ質の運行や接客を行うことが、お客様の満足度向上への近道であることを確認され、意識を新たにしました。

●ドライブレコーダーを用いた講習(NASVA仙台主管支所)

他社のドライブレコーダー画像を用いて、事故やヒヤリハットの事例についての解説や意見の交換がなされました。運行における緊張感の維持や危険感受性向上の必要性が話し合われました。

●応急手当講習会(岩沼消防本部)

岩沼消防本部より救急救助係の皆さんにお越しいただき、応急手当講習を実施していただきました。
救急救命に関する講話をいただいたあと、全乗務員が班にわかれて心臓マッサージやAEDの使用法を体験しました。
またコロナ禍における変更点や注意点についても解説され、実際の場面で行動できるよう、真剣に取り組みました。

今後も継続的に研修会を開催し、より安心安全な運行に努めて参ります。