高速バスも貸切バスももっと便利に快適に

0248-22-3323 貸切・高速・路線バスのお問い合せはこちら

安全に関する教育及び研修

乗務員全体研修アジェンダ 当社では輸送の安全に関する教育及び研修について、毎月の指導教育に加え年2回各専門講師に依頼をしての乗務員全体研修を実施し、輸送の安全性向上に努めております。
平成30年度2回目【平成31年1月15日(東北地区)・1月22日(関東地区)実施】

乗務員全体研修 乗務員全体研修
① 自動車事故の削減に向けた安全運転講習会
安全講習会  当社の事故やヒヤリハット事例を効果的に活用するため、自動車事故の専門家による第三者目線で専門的に分析し、多く見られる傾向や危険度の高い事例を中心に全乗務員へ情報共有を図ることで危険予知能力と安全意識を高め、事故削減を図り更なる安全運行の向上に努めてまいります。
② 冬道の安全運行に関すること
冬道の安全運行 人間の錯覚や思い込みから起こる事故発生のメカニズムについて、いろいろな事例を用いた錯覚を認識し、いかに人間の感覚が不完全かを認識することで、日頃の運転における思い込みからの事故を防ぐとともに、翌日の雪上実地訓練に向けたポイントや意義についてあらかじめ説明を受け、雪上訓練がより効果的に実施できるよう自らの課題を見つけるなど詳しい解説がありました。
③ 社長あいさつ
社長あいさつ  桜交通代表取締役より、事故防止の更なる強化に向けた取組として、ISO39001の取組意義と範囲拡大の必要性についてお話があり、今年の取組目標と安全方針について全乗務員へ訓示をいただきました。
 運輸安全マネジメントにおけるトップマネジメントの要となるところであり、各営業所の管理者ならびに乗務員全員が一丸となって、さらなる安全性の向上に向かって決意を新たにしました。
④ SNSに潜む危険性
SNSに潜む危険性  昨今情報発信の中心となってきたSNSについて、法律の専門家である弁護士の目線から、トラブルに巻き込まれるケースや思わぬ結果を招いた事例などをもとに日頃の業務において注意すべき事やお客様対応の上で気配りが必要な点、その他自身のSNSの利用についてのあり方などを教えていただきました。
⑤ BESTドライバーになろう
BESTドライバー  今回はベストドライバーを目指し、2つの大きなテーマでお話しをいただきました。
 1つ目は初心に帰って自身のバス運転手像を思い出し、思い描いていた運転手になれているか、また自分の描く運転手像に近づけているかを見つめなおし、自身の運転への思いや態度を振り返るいい時間となりました。
 もう1つは緊急時の対応として、今後東京オリンピックなど国際的な大会を控えますます外国人利用客が増加することが予想されるなか、公共交通機関として事故以外にもバスジャックなどの事態に備えておかなければなりません。そのため、過去のバスジャック事件等を振り返りながら、緊急事態に確実な対応ができるよう社内で決められた対応方法について再認識することができました。

 また、前回の全体研修において各乗務員から寄せられた感動エピソードから、第一弾として数点を選び感動ムービーを作成しており、現時点での進捗状況とあわせて試作を披露しました。引き続きしっかりしたムービーとなるよう改良を重ねていくとともに、続編につなげていきたいと考えております。
バックナンバー